西暦3000年ってどんな感じなんだろう

MENU

西暦3000年ってどんな感じなんだろう

今現在、西暦は2000年代ですが、これが3000年になったら、地球はどんなふうになっているんでしょうね。

 

およそ1000年後になるわけですが、今とは比べ物にならないくらいに科学技術は発展していることでしょう。

 

たぶん、月や火星といった地球以外の惑星でも生活ができるようになっているような気がします。で、地球外生命体みたいな存在とも接触していて、今まさにSF映画で描かれているような世界が広がっているんじゃないでしょうか。

 

よくよく考えてみると、西暦が1000年代の頃って、パソコンやスマホなんてなかったわけでしょ。

 

当時の人たちからすると、まるで魔法かなにかのようなアイテムを私たちは当たり前のように使っているわけであります。それと同じようなことが、1000年後の世界で起きているのは全然不思議ではありません。

 

西暦について

みなさんは西暦についてどういう風に思いますでしょうか?

 

きっと多くの方は西暦と聞いても和暦と違う方くらいにしか思っていないと思います。

 

ですが、実際は西暦というのはもっと奥が深いものがあります。

 

では、この西暦というのはそもそも何を表しているのはというとこれはキリストが死んだ日から何年経ったのかを表しています。

 

ですから、西暦2016年ならキリストの没後2016年という事になります。

 

なので意外と西暦が何を表しているのか知らずに西暦を使っている人も多いと思いますが西暦というのはキリストが死んだ後の年数と死ぬ前の年数を表しているのが西暦です。

 

ですから、西暦と和暦は根本的に違う事を知っておいて欲しいと思います。